総量規制対象外 無利息

総量規制の対象外で無利息期間のあるカードローン

総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶメリット!

消費者金融とは違い、銀行のカードローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1を超える金額を借りたい方や専業主婦や主夫、収入のない学生など、自分で収入を得ていない方でも銀行が申し込み条件に記載していれば借り入れが可能になる場合があります。

専業主婦でも無利息で借りれる

配偶者や親権者が一定した職業につき、安定した収入があり、信用情報に問題がない、つまり、クレジットやローンの利用歴に問題がないことが条件となります。

一部の銀行では、学生の申し込みを認めていても、学生本人にアルバイト収入がないと不可とする場合がありますので、申し込む前に商品概要を読んで確認するようにしましょう。

専業主婦や主夫の方の場合は、友人、知人、親族との日頃のお付き合いや冠婚葬祭で、どうしても予期せぬ出費に対応する必要がありますし、学生の場合は、勉学に必要な書籍や教材の購入や、サークル活動等で費用がかかることがあります。

配偶者や親に費用を立て替えてもらうのは困難なこともありますので、できれば申し込んでみるといいでしょう。

無利息期間ありの銀行カードローンに向いている方とは?

学生でもアルバイトでも総量規制対象外なら借りれる

総量規制対象外の無利息期間が設定されている銀行カードローンが向いている方は、必要な費用だけを最低限借り入れして短期間での返済を考えている方で、なおかつ、専業主婦や主夫、収入のない学生のように総量規制対象外のローンのみ借り入れが認められる方です。

銀行の借り入れは総量規制対象外であるので総量規制の対象の金融機関よりも多めの借り入れができますが、そのような目的で借り入れをする方は、無利息期間内に全額返済するのは難しく、特典にこだわる必要はないと思われます。

無利息期間はおおむね30日くらいの期間ですが、大手カードローンとして人気のある新生銀行カードローンレイクは、5万円以内の借入額なら180日間まで無利息で借り入れが可能。

ただ無利息期間の特典は初めての借り入れに限り有効となり、2回め以降の借り入れからは適用されませんので注意してくださいね。

新生銀行カードローン レイク

\最短即日融資!最長180日間無利息!/

レイク

総量規制対象外で即日融資

総量規制対象外って?即日融資で今すぐ借りる方法

総量規制の対象外で無利息期間のあるカードローン

無利息で即日融資を受ける方法とは?

低金利で主婦におすすめの会社【総量規制対象外】

総量規制対象外で即日融資の会社best3

年収の借入制限なしでキャッシングできる総量規制対象外のカードローン。みずほ銀行カードローンや静岡銀行カードローンなど、即日融資で借り入れできる人気カードローン会社からぜひあなたにあったカードローンを見つけてくださいね!
総量規制対象外で即日融資のカードローン"トップ3"はこちら

総量規制の対象外で無利息期間のあるカードローン記事一覧

専業主婦では借りれない消費者金融最近は消費者金融のイメージもよくなったことから、会社員以外の学生や主婦といった立場の利用者も多くなっていますが、2010年に施行された総量規制により消費者金融は年収の1/3を超える貸付ができなくなっています。そのため一番苦しい立場に置かれることになったのは専業主婦で、それまで夫の収入を担保に借入で来ていたものが法律上できなくなったため、実質的に収入のない専業主婦は消...

総量規制対象外で無利息となるとかなり絞られてくる?最近では、総量規制対象外のキャッシングサービスを提供していながら、同時に無利息で余計な支払いなどもかからず、とても助かるという会社も出ています。ただし、総量規制対象外となるとかなり条件は絞られてくるということを知っておきたいところで、実は総量規制の対象となるのは貸金業者が個人に対してお金を貸す場合ですから、総量規制対象外というと銀行や一部の様々なロ...

無利息期間はルールを知って正しく使おう様々なキャッシング会社や総量規制対象外としている消費者金融では、お金を借りるときに無利息期間を設定しており、その期間はお金を借りていても利息がつかないということが珍しくありません。このため、まずはルールを良く知っておきましょう。実は無利息期間があったとしても実際にはどのように使われているか、その期間を過ぎるとどのような条件での借り入れになるのか、適用される条件...

総量規制対象外で無利息、それでも主婦でも借りられる中には、主婦はお金を借りられないと思っている人も多いでしょう。実はそんなことはなく、主婦で月に数万円でも収入があれば、借りられることは多くなっており、代表的な消費者金融やキャッシングなどでも簡単な手続きでお金を借りられるだけではなく、場合によっては総量規制の対象となる程度の金額までお金を借りることができます。この総量規制とは年収の3分の1までの金額...